2010年02月21日

国連公使:カルテットにパレスチナ自治政府の自治権を支持するよう

2010年02月18日木曜日

ヘブロン - Ma'an - 中東和平問題国連特使、Robert Serryは、木曜日、国際社会が、被占領西岸の部分を、パレスチナ自治政府支配に割譲するよう、イスラエルに圧力をかけることを暗示した。

 Serryは、国連、EU、米国、ロシアで構成される国際カルテットが、(パレスチナ)国家設立の道筋で、イスラエル政府が、エリアBと西岸のエリアCを、パレスチナ完全支配のエリアAに移すとする、パレスチナ自治政府の要請に支持を表明するだろうと語った。

(後略)

全文:Ma'an News Agency

 イスラエルが、オスロ合意で、コントロールを強く主張した結果がエリアCで、コントロール権は土地への権利ではない。どうもイスラエルは理解できてないようなのだ。


posted by mizya at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。