2010年02月22日

EU:ガザ燃料資金はパレスチナ自治政府に届いている

2010年02月20日

ブリュッセル、(PIC)--ヨーロッパ連合(EU)は、資金が満額、ラマッラのパレスチナ自治政府に支払われたと断言し、ガザ発電所運営に必要な、燃料購入財源に割り当てられた資金削減を否定した。

 ガザ封鎖解除ヨーロッパ・キャンペーンは、土曜日、燃料資金停止に関する問い合せへの返答で、外務大臣を含むEU公官吏から公式のメッセージを受け取ったと語った。

 公式メッセージは、EUが資金を減額することも停止することもなかったが、むしろ、去年11月に、ラマッラのパレスチナ自治政府が、金をそれごと預かることを要請し、EUに、優先順位に従い、どこに資金を費やすかの決定をラマッラに任せるように要請したと、明確に述べた。

 この件でメディアでのEUイメージに泥を塗られ狼狽しているように見えるヨーロッパ当局は、彼らがラマッラとこの問題を論じると語った。

(後略)

全文:The Palestinian Information Center

アーカイヴ:オスマン:パレスチナ自治政府がEUにガザ発電所の燃料代金支払いを止めるよう要請した(01月30日)


posted by mizya at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。