2010年02月22日

ネタニアフ:西岸の遺跡を国家遺産に追加

2010年02月21日
Chaim Levinson、Haaretz通信員

 ベンヤミン・ネタニアフ首相は、日曜日、ヘブロンの「マクペラの洞窟」(イブラヒーム・モスク)とベツレヘムの「レイチェルの墓」を、政府が促進を計画する国家遺産遺跡リストに追加されるだろうと発表した。

(後略)

全文:Haarez.com

関連記事:「メレツのOron:ネタニアフがイスラエル国境をぼかす」Ynet news.com
ヘブロンの「マクペラの洞窟」を国家遺産遺跡リストに含める決定に続く政治騒動。右派:決定はユダヤ国民をジュデア・サマリアへの結合を記す

Amnon Meranda
2010年02月21日

「マクペラの洞窟」と「レイチェルの墓」を国家遺産遺跡リストに含めるとの政府の決定は、政界に騒ぎを引き起こした。

 メレツ委員長、Chaim Oronは、日曜日、「これは、イスラエル国家と占領地間の境界をぼかすもうひとつの試みだ。それが必要なのは、右派からのちょっとした圧力のみ、そしてネタニアフは陣営に平伏する。この決定は、ふたつの民族のためのふたつの国家の、ネタニアフのバール-イラン宣言を不合理な見解に置く」と語り、決定を激しく非難した。


posted by mizya at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。