2010年02月24日

イスラエルがエルサレムに550戸の入植者家屋を建設する新たな計画を発表

2010年02月22日月曜日
Ghassan Bannoura - IMEMC

イスラエル入植者組織は、月曜日、イスラエル支配エルサレム自治体による、エルサレム市東に550戸の新たな入植者家屋を建設する計画を発表した。

 入植地活動専門研究者、Ahmed Lebnによると、家屋は、エルサレム市パレスチナ人地区、ベイト・サファーファの近くに建設される。研究者は、この新たな計画が、昨年発行された、市に2,327戸の入植家屋を建設する多くの計画に続くと発表した。

 イスラエルが、1967年にエルサレム市の東側を占領して以来、国際法下、違法な行為;イスラエル入植地建設は市の内外で続いてきた。

原文:International Middle East Media Center


posted by mizya at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。