2010年03月03日

イスラエル占領軍がヘブロンに検問所2ヵ所を設置

2010年03月01日月曜日

ヘブロン、2010年3月1日 (Pal Telegraph) - イスラエル占領軍は、本日朝、彼らが、車や市民を止め身分証明書をチェックしてきた、ヘブロンへの北と南の進入路に、2カ所の本線検問所を設置した。

(中略)

 イスラエル占領が、アル-ハラム・アル-イブラヒミ(イブラヒームモスク)とビラールモスク(レイチェルの墓)を「イスラエル」の名所旧蹟に差押えるという決定で、市に極度の緊張が走る中、イスラエル占領軍は、ヘブロンの異なった地域で、絶え間なく市民の尊厳を傷つけている。

全文:The Palestine Telegraph

アーカイヴ:国連:イスラエル「遺産遺跡」はパレスチナ領土にある(02月24日)


posted by mizya at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。