2010年03月04日

イスラエル占領当局が病人を恐喝

2010年03月03日

ナザレ、(PIC)--人権団体は、イスラエル占領当局の、パレスチナ人患者を諜報部の諜報員として募るため恐喝する悪習を非難した。

 組織は、多くの患者たちが、1948年に占領されたパレスチナ(つまりイスラエル)での治療を許可されたが、ベイト・ハヌーン(エレツ)検問所に到着すると(つまりガザから)、彼らは拘束され留置されると語った。

 彼らは、イスラエル検察官への通信で、そのような悪習が、病人のとてつもない治療の必要の非倫理的な利己的利用を構成すると述べた。

 通信を提出した、Mizan人権センター、Adalaセンター、人権医師団は、イスラエル諜報機関が、それら患者の何人かを募ろうと試みたと語った。
 彼らは、それを衛生制度の恥ずべき使用と述べ、そのような利己的利用を終わらせるよう要請した。

原文:The Palestinian Information Center

アーカイヴ:「ガザに戻って死ね」(2009年05月16日)


posted by mizya at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。