2010年03月05日

イスラエルの不買・脱資・制裁?:オマル・バルグーティとArthur WaskowラビのBDS論争

2010年03月04日
Democracy NOW!

 2005年、パレスチナ市民社会集団連合は、世界中の人びとに、国際法に従うまで、イスラエルへの不買・脱資・制裁の非暴力キャンペーンに携わるよう呼びかけた。呼びかけは、アパルトヘイトを撤廃する闘いで、南アフリカに適用された国際的不買・脱資発議に鼓舞されたものだ。わたしたちは、BDSキャンペーンの創立会員で、パレスチナ人権活動家・コメンテータのオマル・バルグーティと、シャローム・センターの創設者で代表であり、長年、反戦と市民権利活動家のラビ、アーサー・ワスコーとの論争の場を提供する。[トランスクリプトを含む]

トランスクリプトとヴィデオ(27分ほど):Democracy NOW!

アーカイヴ:オマル・バルグーティ:イスラエル・ボイコットの必要性 [Video](2009年12月21日)

追記:関連記事:「イスラエル・ロビーでBDSをどのように目指すのか?」Mondoweiss
PHILIP WEISS
2010年03月04日

 Amy Goodmanは今日、パレスチナ市民社会のオマル・バルグーティと、長年の平和活動家で、南アフリカのアパルトヘイトの時はBDSに賛成したことを認め、しかし今回は違うアーサー・ワスコー師との間のBDSの良い論争を企画した。彼がなすひとつの特徴は、たぶん、わたしたちが、イスラエルではなくイスラエル・ロビーをボイコットすべきだと?


posted by mizya at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。