2010年03月09日

BDSキャンペーンが成長する中、ヴェオリアが関わる汚いビジネス

2010年03月06日

 フランス多国籍企業ヴェオリアは、BDS運動の始まり以来、主要な目標だった。 これは主に、ヴェオリアとアルストムの、エルサレムの周りの入植地と都市(エルサレム)西地域を環状に結ぶ電車路線への関わり故だ。この進行中のプロジェクトは、フランスでの法的公判の中心である。しかしながら、ヴェオリアはまた、入植者だけのために準備されるバス路線に加え、西岸のヨルダン渓谷に位置するTovlanごみ埋立て地運営にも関わっている。

 激しい法廷闘争は、フランスでヴェオリアとアルストムに対し進行中だ。2007年2月に、Assoctation France Palestine Solidarit (AFPS)は、電車路線への関わりに関し、会社に対して法廷訴訟を開始した。AFPSはまた、戦時下の民間人保護に関する第四次ジュネーヴ条約違反を引用し、法廷がこれらの会社に占領当局と契約するのを禁止するよう申請した。12月に、フランス裁判所は、訴訟事実を認め、ナンテール高等裁判所が訴訟実体の裁決を始めるべきとした。

(後略)

全文:Stop the Wall

アーカイヴ:VeoliaとAlstom:イスラエルの権利違反煽動続く(2009年11月25日)

 翻訳を省略した後半にゴミ処理場で働くパレスチナ人労働者の状況の描写がある。賃金不払いや安全管理の杜撰から負傷しても保証さえないことなど... パレスチナ人もアラブ人だから本当は商売上手。しかし、土地家屋も農地も奪われ、難民となってしまったパレスチナ人が家族を養う方法はそう多くない。翻訳するには哀し過ぎて。


posted by mizya at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。