2010年03月17日

ガザ回廊で癌が無視できない割合で増加

2010年03月16日火曜日

ガザ、2010年3月16日 (Pal Telegraph) - 彼は、病院の廊下で、同じ歳、同じ名前の4人のいとこと、小さな自転車で遊ぶ。

 ガザ回廊北部、ジャバリヤ難民キャンプに住む、アフメド・ダルドゥーナ、6歳は、病院で4日目を過ごす。彼は血液とリンパ節の癌、および心臓の穴に苦しんでいる。

w2.jpg

 彼の苦しみは数カ月前、彼の血液容量が12ユニットから6か7ユニットに低下したときから始まった。(中略)
 彼の母親、サミラ・ダルドゥーナが、ある日、学校の制服を着るのを手伝っている時、彼女は、彼のお腹に手を置いて堅くなっているのを見つけた。彼女は「わたしはすぐ、血液分析をアル-ナセル子ども病院でする必要があると医師に告げられた、アル-シーファ病院に行きました」と語る。アル-ナセルの医師は、アフメドが血液とリンパ節の癌を被っていると彼女に知らせた。

(後略)

全文:The Palestine Telegraph


posted by mizya at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。