2010年03月25日

イスラエルが西岸で外国人を逮捕する権利を主張

2010年03月24日
Chaim Levinson

 国(イスラエル)は、火曜日、イスラエル国防軍が、認定されてない(unauthorized)人は、軍指揮官の許可なしに48時間以上そこに滞在できないとする1970年の命令に基づき、エリアAで逮捕する権利を持っていると主張した。
 国は、テルアヴィヴ地方裁判所で、先月のラマッラの近くビルゼイトでの2人の国際的活動家、Ariadna Jove MartiとBridgette Chappellの逮捕決定を擁護して論争を展開した。

 スペインからのMartiとオーストラリアからのChappellは、2月7日に、完全なパレスチナ支配下のエリアAで逮捕された。彼らは捕らえられ、即座にイスラエルから追放されることになっていたが、最高裁判所への上告が彼らの解放をもたらした。

(後略)

全文:Haaretz.com

アーカイヴ:ISM活動家の初公判、最高裁判所が逮捕は違法と裁決(03月20日)

 unauthorized personsって誰だと、誰もが思う筈、恣意的に運用できることばを選んだのか、国(イスラエル)は。


posted by mizya at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。