2010年03月30日

2万戸のパレスチナ人家屋破壊の脅威下

2010年03月28日日曜日

 パレスチナ職員は、エルサレム、アル-クッズ(エルサレムのアラビア語)の2万戸以上のパレスチナ人家屋がすぐにもイスラエル市当局からの破壊命令に直面する可能性を警告する。

 アル-クッズ業務パレスチナ当局の法律顧問、アフマド・ルウェイディは、テルアヴィヴが、過去10年間、建設規則とライセンス更新の要件違反と称して、イスラエル裁判所がすぐにもパレスチナ家屋所有者に破壊命令を渡すだろうと語った。
 形態は、所有者が既に最終的破壊命令を、イスラエル裁判所かアル-クッズのイスラエル自治体から受けた家屋を含まないと、ルウェイディは注意喚起した。

 これは、すべての所有者が、いつ何時彼らの家が破壊されるかもしれない恐れの状態で生活するか、あるいは、家族が通りでホームレスでいるのを見いだすことを意味する、と彼は警告した。
 ルウェイディは、イスラエルの政策が、アル-クッズのパレスチナ人に、いわゆる「建設制限違反」への著しい罰金に加え、技術者や弁護士に多額を支払わせることを意図すると語った。

(後略)

全文:Press TV


posted by mizya at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。