2010年04月01日

米国官僚がYnetに:エルサレムに関する安全保障理事会での主導はない

BBC報道とは対照的に、オバマ政権官僚は、東エルサレムでの建設に対する国連決議は計画されていないと語る;ホワイトハウスは、イスラエルと、パレスチナ自治政府にいかなる一方的措置も防ぐべく、圧力を加え続けると付け加える

Yitzhak Benhorin
2010年03月30日

ワシントン - オバマ政権官僚は、米国が、東エルサレムでのイスラエルの建設に対して、国連安全保障理事会の決議の可能性で棄権を考慮するとの、最近のBBC報道を否定した。

(後略:BBC報道はそもそも「安保理決議があるとしたなら」との仮定の話、Ynetがむきになって「対照的」と報じるほどのものでない。「いや、米国はもちろん拒否権を行使する」との返答を貰った訳でもないようだし... )

全文:Ynet news.com

アーカイヴ:報告:国連が東エルサレムについて投票するなら、米国は「棄権を考慮する」だろう(03月30日)


posted by mizya at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。