2010年04月03日

1国家解決におびえるのは誰か?

イスラエル-パレスチナ和平会談が行き詰まる中、急進的解決策が勢いを増す。

DMITRY REIDER
2010年03月31日

 イスラエル-パレスチナ和平会談の進行中の行き詰まりに照らして、米国国務長官、ヒラリー・クリントンやイスラエル野党党首、ツィピ・リヴニといった指導者たちは、1国家解決の亡霊を提起した。彼らの意図は、もちろん、イスラエル首相、ベンヤミン・ネタニアフと彼の非妥協的連立パートナーの何かしら気分をおびえさせることにある。しかし、かつてタブーとされたこの考えが、その地域での政治的議論の正統な部分になるとき、イスラエル知識人の何人かは、これは恐れるべき何かでなく、地域の長く続いた危機への、実行可能な解決に向かう道という事実としている。

(後略:面白いけど長い。1国家解決の場合の、時間軸、1967年に置くイスラエル左派と1948年に置くパレスチナ、「ひとり1票」の想像しうる帰結など... まあ、この記事にあるのは想像だから、「ひとり1票」は基本、わたしは支持する)

全文:Foreign Policy


ラベル:1国家解決
posted by mizya at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。