2010年04月07日

結合のガザ双子が手術のためサウジアラビアに到着

BEN HUBBARD and RIZEK ABDEL JAWAD
AP通信

2010年04月06日火曜日

ガザ市、ガザ回廊 - 最初として知られるパレスチナ人結合の双子は、火曜日、ことさらガザ住人にとっての、封鎖、争っている政府、そして休日さえ含む障害の連なりを克服して、分離手術のためにサウジアラビアに飛んだ。

 エジプト当局は、生後11日の少女たち、彼女たちの両親、および医療班を、エジプトに入れるよう、火曜日、珍しくラファ検問所を開くことを認可した。そして、サウジアラビア医療特別機が、彼らを、サウジアラビアのアブドラ国王が彼らの手術費用を支払うだろう、サウジアラビアに連れ去った。

 サウジアラビア保健省、Khaled al-Marghalaniは、双子が、首都、リヤドに到着し国家警備隊病院に連れて行かれたと確認した。

 少女たち、RitalとRitajは、3月27日、ガザ南部の町、ハーン・ユーニスで、胸で結合し、小腸を共有して生まれた。 少女それぞれは、心臓、肺、他の器官があり、別々に生きることができる可能性を高めたと、ガザで彼らを担当した医師、Ayman Abu Amounaは語った。

(後略)

全文:Yahoo! news


posted by mizya at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。