2010年04月09日

報道禁止事件

Ze'ev Segal

 元最高裁判事でイスラエル報道評議会会長、Dalia Dornerは、ラジオインタヴュで、外国ニュースメディアがその詳細を報道しているにもかかわらず、ある公安事件に関する裁判所緘口令が執行されたままであることは「遺憾」と語った。緘口令の解除を素早く要請しない政府の愚かしさの遺憾に加え、裁判所がイスラエルメディアに課した沈黙は、馬鹿げている。それは、イスラエル大衆の知る権利、情報の自由を定める法で認められている権利を侵害する。 それは、司法保護下に漂う噂をあおり、イスラエル民主主義を茶番とする。

(後略)

全文:Haaretz.com

関連記事:「元兵士事件に関するイスラエルの緘口令への非難」BBC News
     「アナト・カムの話の真実の教訓」guardian.co.uk
イスラエルのシン・ベトによる高圧的報道規制が、イスラエル国防軍内部告発者事件の真実の疑獄を覆い隠した

Daniella Peled
2010年04月08日木曜日

General-Gabi-Ashkenazi-001.jpg
イスラエル軍チーフ、ガビ・アシュケナジ将軍、2010年3月:Haaretzジャーナリスト、Uri Blauによれば、彼は、西岸でのパレスチナ人闘士の軍による暗殺を、伝えられるところでは、承認した。 アナト・カムは、機密資料をHaaretzに漏らしたと申し立てられている。 写真:Burhan Ozbilici/AP

アーカイヴ:イスラエルへの秘密の言論弾圧命令撤廃要請(04月04日)

 ガーディアン記事中、「アナト・カム」で検索すると、2週間前、ヒットしたのはふたつかみっつ以上ではなかったが、今日では20万以上とあった。ちなみに日本語で検索してみると、boycottilしかみつからなかった。ニッポンメディアは掲載したくないかもしれない、似通った事件がこの国にもあって、この国のシン・ベトも「恋愛問題」にすり替えてしまったし、メディアもそれで踊ったのだから。


posted by mizya at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。