2010年04月14日

OECDはイスラエルがどこか知っているのか?

Shir Hever
Alternative Information Center (AIC)
2010年04月11日

 5月に、イスラエルは、経済促進の信望高い組織、Organisation for Economic Co-operation and Development (OECD/経済協力開発機構)に参加すると予想されている。OECDはまた、民主主義国による組織と主張するが、イスラエルのおびただしい国際法違反と、パレスチナ・シリア領域の軍事占領にもかかわらず、昨年、メンバーとしてイスラエルを誘う努力を加速した。イスラエル政策への国際的合法性の強力な肯定として、イスラエルは、精力的にOECDの会員資格を求める。

 進行を塞ぐために、イスラエル受け入れに反対投票する1国あるだけでよく、それだから、すべてのOECD加盟国の活動家たちが、彼ら政府に圧力を加え、議会で疑問を引き起こし、外務大臣に、国際法に違反する、OECDの最も基本的要件を満たしてさえいない国を何故受け入れることができるのか尋ねることは、重要である。

(後略)

全文:Occupation Magazine

アーカイヴ:OECD(経済協力開発機構)はあまりに容易にイスラエルを案内する(03月13日)


ラベル:OECD イスラエル
posted by mizya at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。