2010年04月15日

オバマが不承不承イスラエル核プログラムに関する質問に答える!

2010年04年14日
米国大統領バラク・オバマは、水曜日、イスラエルを含むすべての国に、国際的核拡散防止条約、あるいはNPTに調印するよう促した。

「イスラエル、あるいは他のいかなる国について話しているか否かに関わらず、我々は、NPTの部分となることが重要と考える」と、オバマは語った。「ところで、それは新たな立場ではない。それはわたしの政権の前でさえ、合衆国政府の一貫した立場である」。

 イスラエルは「核両義性」政策を取っており、原子力兵器を保有すると肯定することも否定することも拒否するが - しかし条約に調印せず、200から300の核弾頭を保有すると信じられている。

 ワシントンでの核セキュリティに関する国際会議を主催したオバマは、首相、ベンヤミン・ネタニアフが、出席の計画を土壇場でキャンセルした、イスラエルに関する記者の質問に、最初、不承不承答えた。

(後略)

全文:Al-Manar TV

アーカイヴ:イスラエルは世界第6の核保有国とみなされる(04月11日)


posted by mizya at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。