2010年04月17日

イギリス労働組合連合が西岸からのイスラエル製品に反対するキャンペーンに着手

2010年04月12日

TUCposter.jpg

 イギリス労働組合の包括的組織、Trades Union Congress (TUC/労働組合会議)は、西岸のイスラエル入植地で生産された商品の輸入禁止を要請するキャンペーンを開始した。キャンペーンは、「エルサレムポスト」によれば、イスラエルの完全な経済的ボイコットとユダヤ人国家に対する国際的経済制裁を提唱する、反イスラエル集団、パレスチナ連帯キャンペーンと共に着手された。

「盗品を買うのですか?」と名付けられたキャンペーンは、イスラエル生産品のあるものが「盗まれた土地」から届くと告げる。それはまた、イスラエルが児童労働者を配置していると断言し、「ほとんどすべて」のパレスチナ商品の輸出の妨げ、乏しい水源の没収、イギリスに輸出する入植地生産品に(没収の水源からの)灌漑用水の使用で、イスラエルを非難する。

(後略)

全文:World Jewish Congress


posted by mizya at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。