2010年04月17日

UCバークレーの資本引き上げ論争が、キャンパス・ダイベストメント運動の重要性を示す

2010年04月15日木曜日

 UCバークレーの資本引き上げ論争は、12時間の「ハラハラドキドキ」だった。ある時点で、カリフォルニア大学バークレイ校の学生連合(ASUC)は、投票し:UCバークレーで資本引き上げの拒否権を覆すことへの賛成票が12票(別の報告では13票)。拒否を支持して7票。 棄権1票。

(学生連合)会長、Smelkoの拒否権を覆し、イスラエルの軍事占領とパレスチナ人への人権違反から直接利益を得、支えるふたつの企業 - ゼネラル・エレクトリック社とユナイテッド・テクノロジーズ - から資本を引き上げるのに必要な数に1票足りない。(拒否権を覆すためには2/3の票が必要で14票、1票足りないということは13票だったと思われる)

  しかし、論争は荒れ狂い、証言、論争、運動、歓声の12時間後、ASUCは、あらためて票決すると動議を見送った。
(後略)

全文:End the Occupation

アーカイヴ:国際的注目がバークレーの資本引き上げ投票に集まる(04月16日)


posted by mizya at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。