2010年04月22日

イスラエル入植者が250株のオリーヴ苗木を引き抜く

2010年04月20日火曜日

090701180200-15734-0.jpg

ナブルス、2010年4月20日 (Pal Telegraph) - イスラエル入植者らは、今日、ナブルス南部、Qarout村で、250株のオリーヴ苗木を引き抜いた。

 西岸の入植地担当職員、ガッサーン・ドゥーグラスは、イスラエル入植者たちが、パレスチナ市民がパレスチナ土地の日に植樹した250株のオリーヴ苗木を、今日、引き抜いたと語った。

 Qarout村議会議長、アブデル-ナセル・アル-カルーティは、イスラエル入植者らが、オリーヴ苗木を根こそぎにしたと確認し、人権集団に、パレスチナの村々に対するイスラエル入植者の攻撃を止めるため介入するよう要請した。

原文:The Palestine Telegraph

アーカイヴ:オリーヴのための闘い(03月05日)


posted by mizya at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。