2010年04月24日

世界世論調査:積極的輝きでイスラエルを見るのは19%のみ

28ヵ国、2万9000人になされた調査は、イラン・パキスタン・北朝鮮のみが、イスラエルより否定的認識を得ていると明らかにした。最も「愛される」国はドイツ。2005年以来初めて「オバマ効果」が、米国に向けた関係での改善をもたらした

Ynet
2010年04月20日

 28ヵ国で行われ、火曜日、BBCにより発表された世論調査によれば、イラン・北朝鮮・パキスタンのみが、イスラエルより否定的な光で見られている。

 世論調査は、尋ねられた2万9000人の返答者の19%のみが、イスラエルを肯定的に見ており、対して50%が否定的に見ていると示した。イスラエルと共にリストの最後を占めたのは、イラン(15%肯定的、56%否定的)、パキスタン(16%肯定的、51%否定的)、北朝鮮(17%肯定的、48%否定的)。
 世論調査はまた、46%の返答者が好意的に見ており、34%が否定的に見ている米国の、世界認知向上を示した。 世界一の超大国の認識で減少を見せたのは2つの国でだけ - トルコとインド。
「アメリカ嫌い」の一位を占めるのはトルコで、返答者の70%が米国を批判的に見ており、パキスタンで、52%が米国を否定的に見ている。米国支持は、インドで43%から39%と驚くほどに落ちた。

(後略)

全文:Ynet news.com


posted by mizya at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。