2010年04月25日

イスラエルの声明とは裏腹に:パレスチナ人が昨日西岸からガザに追放された

2010年04月22日

 昨夜、イスラエルは、アフマド・サイード・サバをガザに強制的に移送した。彼は妻と子どもと共に過去15年間、西岸に住んできた。

 イスラエル刑務所で禁固刑を服し終えたサバは、出所すると即座に、72時間にも満たないうちに、いかなる違憲立法審査権もないまま、彼の帰りを心待ちにしていた家族に別れを告げる暇も与えられずに、強制的に移動された。

 ほんの7日前、メディアは、領域(被占領地)の政府活動調整官、Eitan Dangot少将が「誰もガザに強制追放されない」と約束し「ガザ出身の住民を『違法』と扱うつもりはない」とさらに述べたと、発表した。
 さらに、メディアでのイスラエルにより行われた再保証キャンペーンにもかかわらず、イスラエルが、何年も西岸に住んできたパレスチナ人のガザへの追放を躊躇せず、これらの目的のため、新軍令により制定されたものよりさらに厳しい措置を使用したがっていることは明確だ。

 HaMoked:個人保護センターは、パレスチナ人のガザ、あるいはどこか他への強制移送を断罪する。昨日の強制追放が、イスラエルの本音を説明していることは明白だ。

(後略)

全文:HaMoked

アーカイヴ:国連特別報告官がイスラエル軍令は「国際人権法不履行」と警告(04月23日)

「誰もガザに強制追放されない」キャンペーンのニュースは届いていたが「また『嘘』に違いない」と思えたし、他に翻訳すべきニュースがあったから、掲載しなかった。案の定「嘘」だった。「嘘」に思えるニュースを掲載してしまうと、その訂正のニュースが届いた場合、その翻訳は義務となってしまう。労力はできるだけ倹約したい。


posted by mizya at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。