2010年04月26日

何百人もがパレスチナとトルコの旗でナクバの異議申し立て

何百人ものアラブ人が「災厄の日」、ティラの隣、ミスカ村の遺跡を行進した。「ナクバを否定するのはホロコーストを否定するのと同じ」

Sharon Roffe-Ofir
2010年04月20日

 数百人が、火曜日、彼らによれば「イスラエル国設立の災厄」ナクバを記念し、ティラの隣、ミスカ村の遺跡を行進した。
 行進参加者の中の子どもたちや十代の何人かは、パレスチナ旗を、他の何人かはトルコ旗を掲げていた。追放者議会議長で弁護士のワーキム・ワーキムは「ナクバを否定するのはホロコーストを否定するのと同じ」と語った。

4_wa.jpg
「イスラエルの喜びと独立の日はわたしたちの災厄の日」
(Photo: Zoom Out Productions)


(後略)

全文:Ynet news.com


ラベル:ナクバ ミスカ村
posted by mizya at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。