2010年04月27日

イスラエルがベールシェバの男をガザに追放

2010年04月25日

ガザ - Ma'an - イスラエル当局は、イスラエルの都市、ベールシェバのパレスチナ女性と結婚した、アフマド・アウダ・アブ・シャルフを追放、日曜日に彼をガザ回廊に強制送還した、と目撃者は語った。

 ガザ回廊で難民の両親の間に生まれ、過去何年間か、妻とイスラエルに住むアブ・シャルフが、エルサレムの眼科を訪れていると、イスラエル軍が建物に入いり、男に手錠し、警察車両へと彼を連れ出したと、目撃者たちは述べた。

 事実上の(ガザ)政府治安担当官は、彼が、イスラエルとガザ間のエレツ検問所に連れて来られ、包囲の飛び地に入ることを強制されたと確認した。
 治安担当官は、彼らが、イスラエル刑務所から釈放され、ガザに強制追放されたパレスチナ人男性、アフマド・アッサバ受け入れを拒絶したように、アブ・シャルフ受け入れを拒絶したと語った。アッサバの妻と子どもたちは、西岸の都市、ツルカレムに住む。

 Wa'ed政治犯協会の職員は、(国境検問所パレスチナ側に)到着してアブ・シャルフは、ガザに入るのを拒絶し、解放を要求してイスラエル側の検問所に戻ったと語った。

 先週、イスラエル軍は、イスラエル内のパレスチナの都市、ヤーファで、地元の病院で検診を受けたとき、ガザ生まれの男を拘束、彼をガザに強制追放した。彼もまた、解放を要求して、数時間後、イスラエル当局は、彼らの決定をひるがえし、男が家族のもとに帰るのを許した。

(後略)

全文:Ma'an News Agency

 新軍令でガザ出身のパレスチナ人をガザに強制追放するイスラエルの試みは「破綻」をみせている。ガザを「事実上」統治するハマースをテロ集団と名指して、イスラエルは交渉を拒絶しているから、パレスチナ自治政府に対してのように圧力をかけることはできない。ガザが「受け入れ」を拒絶するなら、エレツにテント村をつくるか(これは強制追放された規模を国際社会に示すに等しく、充分悪化しているイスラエルのイメージのさらなる悪化に拍車をかける危険な賭けだ。既にハマースはエレツにテントを設置するつもりだ)強制追放をあきらめて、彼らを生活に戻すしかない。
 ハマース政権首相、イスマイル・ハニーエは、被追放者のガザへの受け入れ拒絶は、パレスチナ人のどこにでも住まう権利を侵すものでなく、自ら選択した場所に住まう権利を援護するもの、と述べている。という記事を、関連記事で。

関連記事:「ハニーエ:強制追放軍令は進まないだろう」Ma'an News Agency
2010年04月23日金曜日

アーカイヴ:イスラエルの声明とは裏腹に:パレスチナ人が昨日西岸からガザに追放された(04月25日)


posted by mizya at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。