2010年04月28日

レバノン人が宗教分離を要求してベイルートを行進

2010年04月25日日曜日

何百人もの市民社会の活動家たちが、ベイルートでの前例のないラリーで、レバノン議会に行進した。

_47712735_009173202-1.jpg
社会ネットワーク・ウェブサイトでのキャンペーンに応答した抗議者たち

 デモ参加者は、すべてのレバノン人に、国の分裂的宗派体制の終了と、それを世俗体制に置き換える支援を求めた。
 組織者たちは、レバノンであることの意味を再定義すべき時と語る。

(中略)

分割された政府

(中略)

 2,000人以上が行進に参加したと通信社は報じた。

 組織者のひとり、Kinda Hassanは、ロイターに語った:「わたしたちは、彼らの価値ではなく宗教によって、大臣の椅子を分ける国に住むことはできない」。
 組織者たちは、レバノンで世俗的であるということは、イスラーム教徒かクリスチャンか、シーア派かスンニ派か、カトリックかオーソドックスかといったことが、二義的となると語ると、ベイルートのBBC、Natalia Antelavaは報じる。

 18の集団が、レバノンの多-宗派体制を作り、そして、これら集団のメンバーの市民権は、政府というよりむしろ彼らの宗教指導者により決定される。
 宗教当局だけが、結婚・出生・死亡を登録することができ、あるいは相続問題の決定を下すことができる - したがって、すべてのレバノン人は、結局、異なる権利を持つこととなる。
 例えば、イスラーム教徒は養子を取れない;マロン派クリスチャンは離婚できない、そして、民事婚の選択肢がないまま、異なるセクトのメンバーとの結婚は不可能だ。

 政府もまた、分割されている。1943年の独立以来、常に、レバノン大統領はマロン派クリスチャン、首相はスンニ派イスラーム教徒、議会議長はシーア派。
 この風変わりな体制の支持者たちは、すべての宗教社会の声を与えると語る。

 しかし、ますます多くの若年層が - 慢性的不安定、弱い中央政府、および過去に内戦をもたらした宗派間の緊張といった、その破綻を指摘する。

全文:BBC NEWS


posted by mizya at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。