2010年04月28日

マアリヴ:東エルサレムでの建設に関する米国-イスラエル密約

2010年04月26日

首都での建設で密約
Ben Caspit、Maariv、2010年4月26日 [原文ヘブライ語]

 イスラエルと米国は、エルサレムでの建設に関する密約に達した。両者は、合意を自分たちの間に留め、それらを発表せず、それにもかかわらずリークされた場合、力強く否定することで合意した。連立での、ことさら、リクード党内での、ベンヤミン・ネタニアフ首相を困難な状況に置かないことが目指された。

 協定は、イスラエルの豪語に反し、ネタニアフの、エルサレムに関するオバマへの返答が「ノー」でなかったと示す。 それは、近い末端(全速力での建設継続)より、遠い末端(凍結)に少しだけ近い中頃のどこかだった。この協定の最も的確な翻訳は「イエス、しかし」だ。ネタニアフが、「イエス・アンド・ノー」とのニックネームを賜ったシモン・ペレスの不快な昔から何かしら学んだということはあり得る。今やそれはネタニアフの番だ。

(後略)

全文:Coteret

アーカイヴ:ベンヤミン・ネタニアフが米国に:我々は東エルサレムでの入植地建設を止めるつもりはない(04月26日)


posted by mizya at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。