2010年04月29日

BNCが労働組合にイスラエルのOECD加盟を止めるよう政府と共に至急介入するよう求める

Palestine Monitor
2010年04月26日

占領下パレスチナ、2010年4月22日 - 近日中に、労働組合は労働運動の業績を記念するだろう。国際労働者の日の起源は、権利を要求して行進する労働者の数人を、警察が殺した1886年のシカゴの抗議までさかのぼる。 毎週、パレスチナの人権保護活動家たちは、彼らの土地へのイスラエルの浸食に抗議して、村を行進する。イスラエル軍はまた、実弾で彼らを迎え、無差別に多くを殺す。これらの犯罪にもかかわらず、イスラエルは、今回、経済協力開発機構(OECD)で、会員資格の期待があり、国際社会により報いられ続ける。

 不買・脱資・制裁パレスチナ全国委員会(BNC)は、労働組合が、メーデーの趣旨を使用し、(イスラエルが)国際法とOECD基準に従うまで、政府と共にイスラエルの経済協力開発機構(OECD)加盟を防ぐべく介入するよう求める。最終決定は、5月11日のOECD評議会会議で達し、そして、5月28-29日の大臣会議で公式に裁可されると予測される。 OECDの意志決定は全員一致によるので、OECDへのイスラエルの加入を防ぐのに、1国の異議を要するのみだ。

(後略:長いので)

全文:Palestine Monitor

アーカイヴ:イスラエルのOECD加盟反対キャンペーン(04月18日)

 アーカイヴにアクセスしてなにとぞイスラエルのOECD加盟に反対の意思表示を!


posted by mizya at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | action | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。