2010年04月29日

被占領エルサレムに321戸の一軒家を建設する新イスラエル計画

2010年04月27日

被占領エルサレム、(PIC)--エルサレムと聖堂を支えるイスラーム - クリスチャン委員会は、被占領エルサレムのイスラエル支配自治体が、聖都での3つの新住宅プロジェクトを計画していると明らかにした。

 委員会事務総長、ハサン・ハテル博士は、月曜日、声明で、自治体が、北エルサレムのシェイフ・ジャッラ郊外に、宗教学校と321戸の一軒家を建設する計画をしていると述べた。
 彼は、建物が18ドナム使って建設されるだろうと述べ、うち2つのプロジェクトがユダヤ人億万長者、Irvin Muscovicと息子により融資されると付け加えた。
 ハテルは、イスラエル占領当局(IOA)がまた、郊外の地名をユダヤ名に変更する計画もしていると明らかにした。
 彼は、実施されたなら、イスラエル占領軍により、エルサレムのユダヤ化の主要な鍵のひとつと考えられているこのプロジェクトは、周縁アラブから都市を隔離する植民地主義者環状地帯として仕え、旧市街北部地域における封鎖を強化するだろうと警告した。

(後略)

全文:The Palestinian Information Center

アーカイヴ:パレスチナ自治政府が東エルサレムでの新たなイスラエルのシナゴーグ(建設)を非難(04月08日)


posted by mizya at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。