2010年04月30日

サファディがアラブ市場でのイスラエル商品ボイコットを促す

The Daily Star
2010年04月28日水曜日

ベイルート:経済・通商大臣、ムハマド・サファディは、火曜日、レバノンへのいかなるイスラエルの経済浸透も防ぐ重要性を強調した。

「イスラエルは、我々のアラブ市場に多くの製品を送っており、残念ながら、アラブ間貿易の物量を超えて行われている」と、彼は語った。
「武力抵抗に加えてこの局面で、堅固な抵抗の文化を促進することは重要だ」と、彼は付け加えた。

 サファディの意見は、イスラエルへのボイコットのための第84回地域職員会議のオープニングで述べられた。
 サファディは、パレスチナ、シリア、レバノンとの包括的和平合意達成を拒絶する、イスラエルの明確な姿勢に対し、協力して従事するようアラブ諸国に呼びかけた。彼は、イスラエルが、領域に和平をもたらすと真に望むなら、クリスチャンやイスラーム教徒の巡礼地を攻撃したりしないだろうと語った。
「我々の経済学能力を弱めるために働くべきでない」と、彼は語った。

 彼は、アラブの経済・文化・水・土地の保護のための、計画と進んだ政策の採択が必要だと付け加えた。
 サファディはまた、レバノンは、地域での景気拡大を制限するだろうイスラエルに対するアラブ・ボイコットの活性化を主張すると、語った。

原文:The Daily Star


posted by mizya at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。