2010年05月06日

バークレー:資本引き上げ投票では破れたにも関わらず道徳的勝利

ダイナ・オマル
The Electronic Intifada
2010年05月03日

 4月28日、カリフォルニア大学バークレイ校の学生議会は、イスラエル軍に売られ、被占領パレスチナ領域で市民に対し使用される兵器 - F-16ジェット機とアパッチヘリコプター を製造する、United TechnologiesとGeneral Electricから資本を引き上げる、歴史的機会をからくも失った。

 その1カ月以上前の2010年3月18日、学生議会は、パレスチナのイスラエル占領の軍事支援を提供する企業から資本を引き上げる法案(SB118A)を承認した。 UC(カリフォルニア大学)バークレーの学生組織会長、ウィル・スメルコは、1週間後、SB118Aを拒否し、そして法案は4月14日に再び投票され、4月28日は法案を検討する最後の論争だった。しかしながらカウントは、拒否権をくつがえすのに必要な2/3(14票)に1票足りなかった。

 バークレーでの闘い -- アパルトヘイト・イスラエルへの、不買・脱資・制裁の世界的動向の一部 -- は、親密に見られた。 4月28日と4月14日の法案を支持するスピーカーは、イスラエル占領下で生きるパレスチナ人学生たちの証言と共に、UCバークレー教職員メンバー、Judith Butler、Daniel Boyarin、Hatem Bazian、UCヘイスティングズの法学教授、George Bisharat、そして、国連人権特別報告官、リチャード・フォークを含んでいた。

(中略)

 100人以上のUC教職員メンバーが、UCバークレーからは45人が、(学生)会長の拒否権をくつがえすのを支持する声明に署名した。(中略)

 しかしながら、SB118Aへの途方もないほどの支持も、拒否権をくつがえすに至らなかった。

  Jewish Daily Forwardの報道によれば、「ヒレル」のバークレー支部が、Anti-Defamation League(名誉毀損防止組合)、 American Israel Public Affairs Committee(米・イスラエル広報委員会)、Jewish Community Relations Council(ユダヤ社会関係議会)、 J Street、サンフランシスコのイスラエル総領事、Akiva Torと、学生議会のための非公開のミーティングを開催した(「いかにしてイスラエル脱資法案を撃退するか:組織化せよ」2010年4月21日)。

(学生議会)議員の何人かは、脅迫メールを受け取り、そして、エミリー・カールトン議員は、 (Jewish Daily) Forward に語った:ヒレルにより組織されたミーティングで、「脅迫の潜在的要素があった」。3人の学生議員が、複数の議会会議と大規模なロビー努力の過程で、彼らの投票を逆転させた。

(後略)

全文:The Electronic Intifada

アーカイヴ:ノーベル賞受賞者:「わたしたちは皆平和活動家で、イスラエルが変化する動機を与える経済的圧力なしに、どのような対話にも達しないと信じます」(04月30日)
      UCバークレーの資本引き上げ論争が、キャンパス・ダイベストメント運動の重要性を示す(04月17日)
      国際的注目がバークレーの資本引き上げ投票に集まる(04月16日)
      UCバークレーSJPを支持するイスラエル人書簡(04月07日)


posted by mizya at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。