2010年05月07日

イスラエル看守がパレスチナ人政治囚に情報提供者として働くよう圧力をかけるため飢えさせる

2010年05月05日

ナブルス、(PIC)--パレスチナ政治犯協会は、アシュケロン刑務所のイスラエル尋問官らが、19歳の政治犯を飢えさせており、彼らに協力して密告者として働くまで、食事は与えられないままだと告げたと、語った。

 協会は、尋問官らが、囚人の無学(ヘブライ語が読めないからといって「無学」とは思わない、わたしだってヘブライ語は読めない)に乗じ、何についてなのか、何が含まれているのか彼が知らない書類に親指の指紋押捺を強いたと、語った。

 協会は、この囚人の問題は追跡調査され、彼への圧力を意図する拷問として飢餓を使用する看守らに対する告訴を提出するだろうと約束した。

(後略)

全文:The Palestinian Information Center

 これが果たして「国家」の思いつくことだろうかと思いながら翻訳している。「国家」の枠組みなど消えてなくなる方がいいと思っているし、ニッポンがなくなったところで「惜しい」とは思えない。なくなって「惜しい」国があるとも思わない。しかし、イスラエルの尋常ならざる「国家」への執着は、崩壊が現実のものだからかもしれない。


posted by mizya at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。