2010年05月08日

国連:ヒズボッラのスカッド密輸に「証拠はない」

2010年05月05日水曜日

ベイルート (AFP) - 国連平和維持部隊は、水曜日の新聞報道で、イスラエルがヒズボッラへのミサイル密輸で、シリアを非難した後、南レバノンに、いかなるスカッド・ミサイルの証拠もないと語った。

 南レバノンの「UNIFIL活動領域に、いかなるスカッド・ミサイルの証拠もわたしたちは持っていない」と、日刊紙、An-Naharは、国連レバノン暫定軍、あるいはUNIFILのAlberto Asarta Cuevas少将の語ったことばを引用した。

「これらミサイルは大きくて、隠すのは難しい」と、彼は英語でなされたコメントで付け加えた。

 イスラエル大統領、シモン・ペレスは、4月、ダマスカスがきっぱり否定した非難、シーア派ヒズボッラ運動体に長距離スカッド・ミサイルを供給したと、シリアを非難して論争を引き起こした。

 ダマスカスとの親善回復を模索していたワシントンは、国防長官、ロバート・ゲイツが、スカッドに言及せずに、ヒズボッラを精巧な武器で武装させるとイランとシリアを非難して、さらに論争を煽った。

(後略)

全文:Yahoo! news

 イスラエルとは長い付き合いなのだから「嘘つき」と米国も認識していて良さそうなもの。まあ、嘘と知っていて、援護射撃のおつもりだろうけれど。イランやシリアがヒズボッラに供給できる兵器より、もっと精巧で高額な兵器を大量にイスラエルに供給している米国に、他国を非難する資格はない。

アーカイヴ:イスラエルはレバノンへの新たな戦争を正当化しようとしている:ハリリ(04月30日)


posted by mizya at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。