2010年05月10日

ヨルダン渓谷での強まる締め付け

2010年05月07日
International Solidarity Movement

「イスラエルはヨルダン渓谷を決して割譲しない」とベンヤミン・ネタニアフ、2010年3月

tent-400x242.gif
アル-マレで入植者とパレスチナ人のテント

 ヨルダン渓谷は、併合の切迫した脅威下の領域にあり、ここ数週間、イスラエルは、生来のパレスチナ住民に対する締め付けを相当に強化している。4月11日、イスラエル軍は - 農村社会としての村の生活維持を危険に晒す - バルダラへの主要水源を閉じ、4月12日、彼らは、アル-マレを、動物に草を食ませることから羊飼いを妨げる、軍事閉鎖地域と宣言し、そして4月15日、イスラエル軍は、その領域のすべての水資源を支配する更なる試みで、アル-ファリシヤを襲い、水ポンプ4基を盗んだ。4月25日、強硬なシオニスト、マスキオット入植地の武装入植者らが、アル-マレのベドゥイン・コミュニティからほんの10メートルにテントを張って、パレスチナ人への嫌がらせは著しく増加した。

(後略)

全文:International Solidarity Movement

アーカイヴ:入植者がヨルダン渓谷のエイネル・ヒルワのパレスチナ・コミュニティ追放の試み(05月01日)
      イスラエルがヨルダン渓谷の4つの水ポンプを強奪(04月20日)
      ヨルダン渓谷の脅かされる野生(04月15日)
      報告:イスラエルがヨルダン渓谷の農場への水を遮断(04月13日)


posted by mizya at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。