2010年05月11日

イスラエルにかまいなくガザ支援船のカウントダウン始まる

2010年05月10日

gaza.jpg
İHHは、最近旅客船を購入し、医療機器、薬品、およびパレスチナの学校と病院の修復に使用される建設資材で満たされる。

 国際支援船コンヴォイがガザに向かうまで残すところ2週間となり、人道支援財団(İHH)は、その準備を完了させつつあり、ガザ回廊への長年のイスラエル禁輸を破ろうと望む。

 財団は、5月23日にガザに向け出発が設定される「自由小艦隊連合」として知られる、船8隻の小艦隊を組織していると、代表、Bülent Yıldırımは言及した。İHH船は、ヴェネズエラ、マレーシア、ドイツ、イタリア、フランス、ギリシア、合衆国を含む多くの国から出航する12隻の他の船と合流するだろう。

 支援船プロジェクトでのİHHの役割は、最初、「パレスチナが目的地・人道支援が積荷」の標語と共に、先月に発表された。「わたしたちは、この禁輸が終わって欲しい。わたしたちは昨年の12月、(パレスチナへの)支援コンヴォイでそれを破った。支援船プロジェクトは、禁輸を世界の注目に戻した」と、Yıldırımは述べた。

 財団は最近、İstanbul Seabuses and Fast Ferries Inc. (İDO)から旅客船を購入し、およそ500人の代表団をガザに運ぶ。

「パレスチナは、いかなる法的根拠も欠く非人道的禁輸に直面している。市民社会組織は、この不当な禁輸を破るイニシアチヴを取るべきである」と、Yıldırımは付け加えた。

 トルコ船は、医療機器、薬品、およびパレスチナの学校と病院の修復に使用される建設資材で満たされるだろう。そのような修復は、イスラエルが、悪用されると恐れて、ガザへのいかなる建設資材の搬入も許していないので、国にとって象徴的意味がある。

(後略)

全文:Todays Zaman


posted by mizya at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。