2010年05月12日

イスラエルはまだOECDの場に値しない

GEORGE BISHARAT
2010年05月10日

 オーストラリアは、今週、経済協力開発機構(OECD)へのイスラエルの会員資格申請を支持する投票により、国際法と人権を護る機会を逃した。OECDは、相互利益を議論し前進させるために、民主主義と自由市場原則を実践する国家により、1960年に設立され;オーストラリアは、1970年に加わった。OECD公使たちは、会員資格のためのイスラエルの長い未決案内を最終的に決定するため、今日、パリで会う。

(後略)

全文:National Times

アーカイヴ:パレスチナ市民社会はイスラエル加盟でOECDを非難する(05月11日)


posted by mizya at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。