2010年05月14日

イスラエルがグリーン・ラインを越えてエルサレム拡張計画

2010年05月12日

ラマッラ - Ma'an - エルサレムの南、西岸の村、アル-ワラジャ、エルサレムと聖地支援イスラーム教・キリスト教委員会 (ICC)に属する土地に、1万2000戸の戸建て複合体を含む、エルサレムの境界を拡大するイスラエルの計画が、水曜日、明らかにされた。

 ICC事務総長、ハサン・ハーティルは、記者会見で、大きな公園建造計画と共に、およそ4万5000人のイスラエル人の家、新入植地は、Giv'at Ya'elと称されると語った。

 ハーティルは、プロジェクトが「南からのエルサレムの囲い込みを助長」し、エルサレムとグシュ・エツィオン間の土地の盗用に基礎を敷設し、ベツレヘムが統治するベイト・ジャラのハール・ホマ(アブ・グネイム)、ギロ、少し小さなハール・ギロの、違法な南部入植地を強化する、と付け加えた。

(後略)

全文:Ma'an News Agency

参考地図:
bethlehem.jpg


posted by mizya at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。