2010年05月14日

シン・ベトのリクルーターがエルサレム入域許可でパレスチナ医大生をそそのかす

2010年05月12日

学生は、イスラエルのためのスパイを拒絶した後、公安部局が医学研修を妨げたと主張する。
Amira Hass

 市のパレスチナ大学病院でインターンシップを続けるアル・クッズ大学の医大生2人によると、シン・ベト公安部局は、エルサレムへの入域許可を認めることを条件に、パレスチナ医大生のリクルートを試みている。

 学生2人は、大学監視に責任があるシン・ベトの捜査官と語る「Biran隊長」が、彼らの入域許可更新を条件に、他の学生と彼らの活動に関して報告するよう、彼らに言ったとHaaretzに語った。 どちらも拒否すると、彼らは実際、専門研修の選択と医療研修の継続を阻まれた。

 シン・ベトは、返答で、2人の学生の入域許可は公安上の理由で更新されなかったと語った。政府機関は、彼らの許可証更新と引き換えに彼らを恐喝しようとしていた学生の主張については言及しなかった。

(後略)

全文:Haaretz.com


posted by mizya at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。