2010年05月15日

イスラエルがヨルダン渓谷で違法入植地を拡張

2010年05月10日月曜日

トゥバ - Ma'an - ヨルダン渓谷監視者は、政府の凍結にも関わらず、建設資材を積んだ何十台ものトラックが、続いて、建設労働者を満載したトラックが、違法イスラエル入植地、ナハル・マスキオットに入ったと報告した。

 ヨルダン渓谷救済キャンペーンは、木材とセメントのトラックが、日曜日、入植地に入ったと語り、建設は領域北部から見えると注意喚起した。

 イスラエル民事行政は、公式声明で、それを確認し「建設は、中止命令が開始されたのと同じ日に、国防省長官を通し民事行政により承認された」と追認したが、その建設が何であったか特定するのを断った。

 キャンペーン調整者、ファティ・イフデイラトは、建設が、2005年、回廊の違法な家から撤退したガザ入植者のためのものと語った。

「国際的な努力が、対話を進めるよう試みる時さえ、10ヵ月の凍結にも関わらず、建設工事は西岸で継続されてきた」と、和平プロセスを「開始前の失敗」と呼び、イフデイラトは語った。

(後略)

全文:Ma'an News Agency

アーカイヴ:ヨルダン渓谷での強まる締め付け(05月10日)


posted by mizya at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。