2010年05月15日

アムネスティ:核内部告発者を投獄するな

2010年05月13日木曜日

ベツレヘム - Ma'an - アムネスティ・インタナショナルは、木曜日、数日以内に刑務所にもどることに直面している核内部告発者、モルデカイ・ヴァヌヌを投獄しないようイスラエルに促した。

 イスラエル高等裁判所は、5月11日、イスラエルの核開発計画情報を明らかにしたため、18年獄中にあったヴァヌヌが、軍により課された制限違反、外国人に会ったとして、さらにに3カ月勤めなければならないと裁決した。

「モルデカイ・ヴァヌヌが再び投獄されなら、アムネスティ・インタナショナルは、彼を良心の囚人と宣言し、即時無条件釈放を求める」と、アムネスティ・インタナショナル中東・北アフリカ次長、Philip Lutherは語った。

 国を離れることを禁止されているヴァヌヌ、56歳は、5月12日、アムネスティに語った:「わたしが刑務所に入ろうと入るまいと、わたしにとっては問題じゃない。わたしは常に刑務所にいると感じている、イスラエルに捕らえられて」。

(後略)

全文:Ma'an News Agency

関連記事:「ヴァヌヌが西エルサレムでのボランティア活動を拒否して刑務所送り」Ynet news.com
核内部告発者が、ハラスメントを恐れて首都西域でのボランティア活動実施を拒否した後、3ヵ月の実刑判決。起訴:彼はまだ国家保安を危険にさらす情報を持つ
Aviad Glickman
2010年05月11日


posted by mizya at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。