2010年05月16日

パレスチナ人はナクバ・デー62周年を記す

2010年05月15日

ベツレヘム - Ma'an - ナクバあるいは大災厄として知られる、1948年、建国前のイスラエル民兵による、パレスチナ人の家からの大規模強制排除の62周年を記すサイレンが、土曜日正午、パレスチナ中の都市で聞かれた。

 何千人ものパレスチナ人が、西岸、ガザ、離散難民キャンプで、彼らの権利を奪う目的の「共謀」を拒絶し、彼らの家と土地への帰還権を要求して、集会とデモンストレーションに加わった。

 記念祭はまた、1967年の西岸、ガザ回廊、東エルサレムの占領の記録をも含む。

(後略)

全文:Ma'an News Agency

関連記事:「BADIL声明:ナクバは記念イヴェントではない...ナクバは続いており、それを終わらせる時が来た」RelifWeb

BADILパレスチナ居住と難民権利の資料センター
2010年05月15日
1948年ナクバの第62周年記念に必要なのは:国民的結束の達成、BDSキャンペーンの強化;すべての形態での民衆抵抗の促進;努力の国際的組織化;交渉への公的関係の廃止

     「アラブ人:エルサレムのユダヤ化は新たなナクバ」Ynet news.com
およそ200人の抗議の人たちが、パレスチナ旗を振って、シェイフ・ジャッラに行進し、ナクバ・デーを記録した。国会議員、ザハルカは、政府が家屋破壊計画を実行するなら、第三次インティファーダが発生すると警告
Ronen Medzini
2010年05月15日
posted by mizya at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック