2010年05月16日

西岸から追い出されるパレスチナ人を収容する新難民キャンプ

2010年05月13日木曜日
Saed Bannoura - IMEMC & Agencies

ハマース運動に率いられるガザ回廊のパレスチナ政府は、ガザ回廊とイスラエル間のエレツ検問所に、最近、西岸から追い出されたパレスチナ人を収容するため、新たな一時的難民キャンプを設立すると決めた。

 パレスチナ人は、イスラエルが自身に、西岸地区身分証明書も居住許可証もないまま西岸に住むパレスチナ人の強制追放を許す、新イスラエル軍令1650号の下、被占領西岸から強制的に排除された。
 イスラエルは、身分証明書と許可証の発行を統制して、それ故、家族再統合申請を含む、そのような申請書を否定する絶大な権力を有する。
 新法は、西岸から何千人ものパレスチナ人を強制追放し、ガザに移送するもうひとつの企てで、同時に、ヨルダンやアラブ諸国から来た何千人ものパレスチナ人が、ヨルダンに強制追放されるだろう。

 ガザのパレスチナ政府は、新キャンプの財政支援のため、チャリティー団体や他の財源の支援を模索するつもりでおり、措置は住人の帰宅が許されるまでの一時的なものと述べた。

(後略)

全文:International Middle East Media Center

アーカイヴ:国連特別報告官がイスラエル軍令は「国際人権法不履行」と警告(04月23日)


posted by mizya at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。