2010年05月18日

イスラエルがパレスチナ自治政府ヘブロン市のオフィスを閉鎖

2010年05月16日
Muhammad Oweiweih

ヘブロン - Ma'an - イスラエル当局が、日曜日、ヘブロン旧市街にあるパレスチナ自治政府市警ビルを閉鎖した、とヘブロン市長は語った。

 ヘブロン市長、ハーリド・アル-ウセイリは、手順が「違法でヘブロン協定に違反」し、即座にオフィスを再開するよう努力すると語った。
 アル-ウセイリは、ヘブロン議定書と、1997年1月15日にパレスチナ自治政府とイスラエルの間で署名された協定への違反を構成する、完全なイスラエル支配下のH2として知られる、領域での隠れた行動を警官隊に許していると、イスラエル当局がパレスチナ自治政府を非難する、と語った。

 協定第14条、A号によると、「私服の非武装の市域警察官はH-2域で活動するものとする。これら警察官の数は50を超えないものとする」が、B号で:「警察官は市により発行の写真のある公式身分証明書を携帯するものとする」と述べる。

(後略)

全文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。