2010年05月18日

パレスチナが西岸でイスラエルのボイコットに舵を切る

Janine Zacharia
ワシントン・ポスト
2010年05月16日日曜日

マアレ・アドミム、西岸 - この西岸ユダヤ人入植地内のブーゲンビリアが筋なす工業地帯、Mishor Adumimで、数カ月前に始まったパレスチナによる製品ボイコット以来、少なくても17の企業が、営業を停止した。

 入植地の製造業者300人を代表するAvi Elkayamによれば、イスラエルにとって、それは「我慢ならない状況」だ。しかしパレスチナ人にとって、それは彼らが求めてきた戦略かもしれない。

 40年間以上、パレスチナ人は、イスラエルの占領を終わらせ、国家を得ようとしてきた。国際テロ・20年に及ぶ交渉・2波の大規模反乱(インティファーダ)は、それらの目標に向かう測定しうる進展をもたらさなかった。

 今パレスチナ人は、激しい闘争よりむしろ穏やかな抗議に焦点を合わせたキャンペーンが、最終的に結果をもたらすかもしれない証拠として、ボイコットの成功を見ている。

(後略)

全文:The Washington Post


posted by mizya at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。