2010年05月19日

Maariv:Ben Eliezer大臣が、OECD会員資格にもかかわらず、EUでイスラエルへの敵意に動揺

2010年05月16日

彼らはまったく嫌い

Ben Caspitコラム抜粋、Maariv: 2010年05月14日[2ページ]

 [Benyamin] Fuad Ben Eliezerは、先週、EUと欧州議会の多くのヨーロッパ上級官僚との会合を含む、威嚇者たちと話す1日業務旅行でブリュッセルにいた。Fuadは衝撃を受けた。外観は申し分ない。イスラエルの加盟を決定したOECD、(ヨーロッパ)大陸とその他でイスラエル医薬販売に関してFuadがEU委員会と調印した協定。 しかし、外観の裏で状況は悪い。

 EU上級官僚は、非公式の会話で、Fuadにこう語った:「あなたは今、協定に署名し、それはいいことだが、わたしは、欧州議会がそれを批准するとは思わない。イスラエルは、世界に対してかつてない最悪の状況にある。彼らはまったくあなたがたが嫌いだ」。 Fuadがイスラエルの友人とみなされる高官連と持った他の会談で、彼は同じメッセージを得た。 わたしたちはイスラエルにうんざりしている、あなたたちがパレスチナとの闘争を終わらせない限り、イランの核兵器で泣きわめくのをやめろ。人びとは、イスラエルのための忍耐をもう残していない。あなたの友人たちは、いなくなるか地下に潜り、あなたの敵は増加する。Fuadはそれを肝に銘じた。「我々を非合法化する試みが世界にある」と彼は語った。「彼らは、イランを扱うように我々を扱う。我々の合法性は脆く、パレスチナとの合意に達する真実の試みだけがそれを修復するだろう」。

原文:Coteret


posted by mizya at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。