2010年05月20日

アル-ワラジャ村が徐々に消滅しつつある

Palestine Monitor
2010年05月19日

ベツレヘムの南、アル-ワラジャ村は徐々に消滅しつつある。

1967年、およそそ半分をイスラエルに併合され、エルサレム自治体に吸収された。

丘の中腹のこの村は、イスラエルの「ギロ」ユダヤ人入植地の近くにある。入植地は拡張されており、イスラエル当局はより多くの土地を強奪している。村人に手渡された軍の没収命令によると、その家が今や破壊を予定されるに違いない35家族に影響して、アパルトヘイト壁の経路が、ベイト・ジャッラとアル-ワラジャの間で、4,890メートル以上延長されるだろう。

Palestine Monitorは、地元住人により組織された抗議行動のひとつで、村を訪問した。

先週の木曜日、パレスチナ、イスラエル、国際活動家のグループは、壁の建設現場に行進した。彼らは、一時的にブルドーザを止めるのに成功した。 しかしながらついには、警備隊とイスラエル国境警察が、現場に到着し、暴力的に抗議者たちを排除した。4人の逮捕があった。

写真はすべてジュリアンによる。


DSC_0898-19521.jpg

原文と画像18枚:Palestine Monitor


posted by mizya at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | image | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。