2010年05月21日

グループがイスラエルの仕事をキャンセルするようエルトン・ジョンに求める

2010年05月20日

ベツレヘム - Ma'an - British Committee for Universities for Palestine(BRICUP/パレスチナのためのイギリス大学委員会)は、イギリスの偶像、エルトン・ジョンにイスラエルでのショーをキャンセルするよう要請し、彼が動きを再考するよう努めている。

 BRICUPは、2月、ジョンに、イスラエルで演奏しないよう求める公開書簡を送ったが「彼への世界的訴えにも関わらず、わたしたちは返事をもらってない」と語った。

 エルヴィス・コステロ、マッシヴ・アタック、およびギル・スコット・ヘロンを含む他のイギリスのアーティストが、名高いギタリスト、カルロス・サンタナ同様、イスラエルでの彼らのショーをキャンセルした。

 グループは、2番目の公開書簡をジョンに送ると語った。

 コステロがキャンセルを発表した直後、イスラエルの文化・スポーツ大臣、Limor Livnatは、「イスラエルのファンをボイコットするアーティストは、ここで演奏する価値がない」と語り、動きを批判した。

 その間、親-パレスチナグループは、歌手がイスラエルのすべてのショーをキャンセルするよう呼びかける、エルトンの歌の部分を構成して融合したヴィデオをYouTubeに発表した。

原文:Ma'an News Agency

johngreyzone

アーカイヴ:エルトン・ジョンへの公開書簡(02月09日)


posted by mizya at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。