2010年05月22日

ボイコット・ボランティアは軍が彼らを探しまわると語る

2010年05月20日

ベツレヘム - Ma'an - パレスチナ自治政府「家から家」入植地製品ボイコット・キャンペーンのボランティアは、イスラエル軍が、ベツレヘムの西、フサン村に入り、彼らを探しまわっていると語った。

 ボランティアのアフマド・ジャズルは、イスラエル軍用ジープ4台が「午後1時、村に侵入し、キャンペーンのボランティアを捜し求めて、通行人を止め、わたしたちがどこにいるか尋ねた」とMa'anに語った。

「わたしたちはユニフォームと身分証明書を隠した。ボランティアの何人かは、イスラエル軍が撤退するまで自宅に留まった」と、彼は付け加えた。

 イスラエル軍報道官は、正午頃、容疑者の捜索に向けた村の近くで石が投げつけられたと語った。

(後略)

全文:Ma'an News Agency

アーカイヴ:入植地ボイコット・キャンペーンが西岸で始まり、入植者ら憤慨(05月20日)


posted by mizya at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。