2010年05月23日

エルサレムのパレスチナ人15万4000人が市から孤立

2010年05月20日木曜日
Saed Bannoura - IMEMC & Agencies

アルクッズ国際学会は、イスラエル当局が、都市自体からエルサレム地域のパレスチナ人、15万4000人以上の孤立につながる、併合壁とユダヤ人入植地建設を継続していると報告した。

abu_dis54183.jpgImage Palestine Remembered
アブ・ディスの併合壁 - エルサレム

 壁はまた、壁の陰に分離されることになった市東部のいくつかのパレスチナ教育機関の教育過程を妨害している。

 ベイルートに拠点を置く学会は、2010年のエルサレムでの教育に関する報告を発表し、アラブ・イスラエル闘争で、ことさらエルサレムで、イスラエルが都市からパレスチナ人を孤立させようと望むとき、教育は重要な役割を担うと述べた。
 それは、エルサレムでパレスチナ人が直面する厳しい社会的経済的条件と、彼らに対するイスラエルの違法な措置は、学童に直接的影響をもたらし、より多くの学童に学校をやめるよう圧迫している、加えて、ある住人の間に麻薬中毒の問題で影響を及ぼすと付け加えた。

 アルクッズ学会は、東エルサレムのパレスチナ学校が存続をもがいている一方、西エルサレムのユダヤ学校に、すべての種類の業務と経済的支援を提供する、イスラエルによるエルサレムの学校の東と西の間の差別にさらに言及した。

原文:International Middle East Media Center


posted by mizya at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。