2010年05月23日

アッバス:土地交換の合意はない

パレスチナが、イスラエルの手に西岸の4パーセントを残すと合意したと語る報告についで、大統領は、交換される土地の量に関する合意はないと語る。西岸で作られたイスラエル製品のボイコットに関して、彼は「EU、中東カルテットもまた、入植地は違法と語った」と語る

Ali Waked
2010年05月22日

 パレスチナ大統領、マフムード・アッバスは、イスラエルとの土地交換の準備はできているが、どれほどの領域を取引するかに関し、ギャップが残っていると語った。

 イスラエルとの和平協定枠組みで、彼が、西岸領域の4パーセントを放棄することに合意したとする報道に向け、アッバスは「相互関係に基づく領土交換の原則に合意したが、わたしたちはまだ、交換される実際の土地で合意に達していない」と語った。

(後略)

全文:Ynet news.com

アーカイヴ:報告:アッバスは和平協定でイスラエルに提供する領土を倍にするかも(05月22日)


posted by mizya at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。