2010年05月26日

MESS報告/パレスチナ村人が恒久的赤信号に捕われる

2010年05月24日

シェイフ・サアド住人1,800人が、(エルサレム)市住民と考えられている事実にも関わらず、エルサレムへの道路へのアクセスを拒絶された。

Avi IssacharoffとAmos Harel

 イスラエル防衛体制は、エルサレム南西のパレスチナ村、シェイフ・サアドの住人に、車で町を離れることを許可していない。イスラエル身分証明書を持つ特権を指定された住民には、村を歩いて出ることに制限さえある。

 西へは、シェイフ・サアドは分離壁により隔てられ、その東、北、南は、キドロン渓谷で囲まれている。シェイフ・サアドの住民3,000人は、西岸分離壁が、エルサレム市の管轄に落ちたジャバル・ムッカベルからシェイフ・サアドを切り離したので、現在、他のすべての町から孤立させられている。

 イスラエル身分証明書を有する住民1,800人は、(エルサレム)市の住民とみなされている事実にも関わらず、エルサレムへの道路アクセスを拒絶された。パレスチナ身分証明書を携帯する、残りの村人1,200人は、戻る時には急な坂を上らなければならない、渓谷に降りていくことを残しては、その領域を離れるいかなる方法も持たない。冬の間(雨期)は、渓谷が雨水で氾濫していないときだけ、これはできる。 パレスチナ人は、最も近い村、サワフラ・アッシャルキーヤに到達するのみで、何キロメートルをも縦走する必要がある。

(後略:長いので)

全文:Haaretz.com

 エルサレムと西岸にガザ化を拡大するイスラエルの目論みがあからさまになってきている。


posted by mizya at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。